オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年6月

鎌倉市腰越「戸袋塗装工事」

こんにちは!大船営業所です!!

いよいよ梅雨入りしましたね!!

 

本日ご紹介させていただきますのは、

鎌倉市腰越にて行いました戸袋の塗装工事の様子です。

「施工前」

鎌倉 中村邸 シール打ち直し 塗装工事_180605_0005

「中間」

鎌倉 中村邸 シール打ち直し 塗装工事_180605_0019

「施工後」

鎌倉 中村邸 シール打ち直し 塗装工事_180605_0017

塗装後はすっかり美観が戻りました。

基本の施工手順は ケレン⇒下塗り⇒中塗り⇒上塗り です。

 

武井建創はお見積り無料です。

お気軽にご相談ください。

鎌倉市腰越「シール打ち直し工事」

こんにちは!大船営業所です!

今日は6/5  【老後の日】なんだそうです!

現代では人生100年時代といった事も言われてますが、

一世紀を生き抜くと考えると、スケールが大きい話ですよね!人に歴史あり。

今から数十年後、私の老後は孫のお世話のお手伝いをするのか、趣味を楽しむのか、

働くのか、

まだ想像できませんが、みなさんはいかがですか?

いずれにしても、充実した時間を過ごしたいものですね(*^-^*)

 

さて本日ご紹介させていただきますのは、鎌倉市腰越にて行いました、

“シール打ち直し工事”の様子です。

【施工前】

鎌倉 中村邸 シール打ち直し 塗装工事_180605_0003 - コピー

 

シール拡大

【中間】

鎌倉 中村邸 シール打ち直し 塗装工事_180605_0004

【施工後】

鎌倉 中村邸 シール打ち直し 塗装工事_180605_0007

サイディングとサイディングの隙間(目地)にあるのが、“シール”と言われる部分です。

触るとゴムの様な感触があります。

なぜ住宅にこのような弾力のある素材を使用するかというと、

外壁材が、膨張や収縮を起こす際にシールが

クッションの役割になり、

外壁材同士が直接触れて、破損することを防ぐためなのです。

またシールがあることで、住宅への雨水の侵入を防ぐ等の役割があります。

 

元々ゴムの様な感触なのですが、年数と共に硬くなることでヒビが入り、

さらに剥離、肉やせ等の劣化症状がみられるようになります。

築10年をおおよその目安にお考えいただければと思います。

ヒビなど気になる点が無いか、お家の周りのシールを見てみてくださいね!

 

武井建創はお見積り無料です。お気軽にご相談ください。